『頼むならどっち? 比べてみました! シルバー人材センターさんとアパート清掃専門業者』

アパート・マンションの定期的な共用部清掃を検討しているオーナー様、管理会社様は、委託先としてどのような業者を検討するのでしょう。

様々な方にお話しをうかがうと多いのは次の2つです。 

ひとつは、シルバー人材センター。もうひとつはアパート・マンション清掃専門業者。  

 

これら2つの事業者はそれぞれどのようなメリット・デメリットを有しているのでしょうか。 

なるべく客観的な視点に立ち、比較してみます。業者選びのご参考になれば幸いです。


シルバー人材センター

アパート・マンション清掃専門業者

(例.弊社たてものサービス)
主な取扱い
サービス
庭の手入れ、家事援助、管理業務、屋内外軽作業
アパート・マンション巡回清掃・定期清掃・特別清掃、受水槽清掃、消防設備点検、他
料金 管理コストがかからない人材派遣システムのため、圧倒的に安い
シルバー人材センターと総合ビルメンテナンス会社・管理会社の概ね中間にあたる料金設定
清掃の質 個人の意欲・力量による
教育・研修を受けた自社スタッフのため安定的な仕上がり
ノウハウ 登録スタッフは共用部清掃の研修・教育は受けていない。仕上がりやサービスの質は個人により差がある
共用部清掃がメイン事業のため、取り扱い件数・実績・ノウハウの蓄積がある

対応可能な

オプションサービス
除草作業
除草作業、粗大ゴミ処分、高圧洗浄清掃、ポリッシャー洗浄清掃、高所ガラス清掃(ブランコ)、受水槽清掃、消防設備点検、他
対応エリア 全国に拠点があるため、対応エリアは広範囲
地域密着型業者が多く、対応エリアは限定的
強みと弱み 強みは料金の安さ。シルバースタッフのため依頼できる業務に制限がある。管球の交換をはじめとする高所作業、建物の点検・報告などは行わない
専門業者のため、顧客のニーズ、課題を解決できるノウハウ・技術・経験の蓄積がある。シルバー人材センターに比べると料金は高い

料金例@

【月4回の作業の場合】

3階建て、10世帯のワンルームアパートを月4回清掃した場合

月額8000円前後

<内訳>

1回2時間作業で約2,000円

2,000円×月4回=約8,000円

※地域・団体により時間あたり金額は異なる
月額14,000円前後

料金例A

【月2回の作業の場合】

3階建て、10世帯のワンルームアパートを月2回

発注条件のひとつとして、最低週1回以上の発注を求められることが多い。

※発注条件は地域・団体により異なる。

月額8,000円前後

料金例B

【月1回の作業の場合】

3階建て、10世帯のワンルームアパートを月2回清掃した場合

発注条件のひとつとして、最低週1回以上の発注を求められることが多い。 ※発注条件は地域・団体により異なる。

月額5,000円前後

 

「センターに頼んでよかった!」シルバー人材センター利用者の方からよく聞く感想

  • 料金が安い
  • 社会経験があるシルバー世代の人たちなので仕事に対して真摯で真面目である
  • 個人差はあるが、「いい人」にあたった場合のコストパフォーマンスは非常に高い

 

「センターのここがちょっと…」シルバー人材センターから専門の清掃業者に切り替えた方からよく聞く感想

  • 清掃の「上手・下手」が個人の力量によるため、満足できるかどうかは「運」次第。前の担当者は良かったが、今の担当者には不満…、といったことが起こる。
  • 電球交換等の高所作業をやってもらえない。依頼できる業務が限定的である。
  • 時間契約型派遣なので、作業効率、顧客満足、仕上がりといったことは十分に考慮されにくい。

 

シルバー世代の方々の特徴は…。
「皆仕事に真面目です」

シルバー世代の方と仕事をしていて一番感じるのは、皆仕事に対して真面目、ということです。遅刻や急な欠勤というのは滅多にありません。30年、40年、働き続けてきた方々ですので、仕事上のルール、社会のルールを守ることの重要性を認識しています。

それゆえ、アパート・マンションの清掃をお願いしたとしても、安心して任せられます。約束した日時どおりに仕事を進めてくれるでしょう。

また、決められた仕事時間を超えて仕事をしてくれる方々も少なくありません。9時から仕事をはじめてもらう約束なのに8時30分にはもう仕事をはじめている、といったことがあります。「どうしてですか?」と聞くと、「しっかり時間をかけてやらないと気がすまない性分で…」という返事。

余計に仕事をした分の給与は保証されませんが、そういった方々にとって大切なのは、自分が納得できる仕事ができたかどうか。このような姿勢には頭が下がります。

 

シルバー世代の方への仕事の頼み方

おすすめするのは、やってほしい作業内容をしっかりリスト化すること。できれば、作業したかどうかがひと目でわかるようなチェックリストにするといいでしょう。

清掃の内容・箇所によっては、作業をしたかどうかがわかりにくい場合があります。そのようなときチェックリストの作業済み欄を確認することで実施の有無がわかります。 またチェックリストがあることで「作業漏れ」がなくなりますので、「うっかりゴミ置き場の清掃をするのを忘れていた…」といったことが起きなくなります。

チェックリストに加える項目として忘れてならないのは、「異常の点検」です。すべての物件がそうではありませんが、アパートやマンションでは、粗大ゴミの放置、設備の破損、入居者のマナー違反など、「見過ごせない事態」が時として起こります。

異常への対処として重要なのは、早期発見です。

入居者の方々が知らせてくれればいいのですが、それはあまり期待できません。

清掃していれば、建物内をくまなく作業してまわりますので何かあればすぐに気がつきます。シルバースタッフの方には、「小さなことでも結構なので何か気づいたことがあればすぐに知らせてください」とお願いした上で、チェックリストの「異常の点検」欄にも必ず異常の有無を記入してもらうようにします。 できれば写真(画像)を交えて報告してもらうようにしておくことをおすすめします。

 

シルバースタッフに気持ちよく仕事をしてもらうために

清掃は、それを行う個人の意欲・意識・力量により「上手・下手」が分かれてしまう仕事です。それを回避するひとつの方法は、依頼する前に作業内容やルールをしっかり決めておくこと。

また、共用部清掃は入居者の居住空間の中での仕事になりますので、その点の配慮についてもしっかり伝達しておくことが重要です。 主には以下のような項目です。

 

【服装や身だしなみについて】

  • どのような服装であればOKで、着てほしくない服装はどのようなものか。(できれば作業着で行ってもらうのが望ましい)
  • 名札や腕章をつけることで清掃専門のスタッフであることがわかるようにする。(入居者に心配や不信感を与えない)
  • 髪型やヒゲ、化粧の程度についても、どの程度までがOKなのか決めておく。
  • 常に清潔な服装、身だしなみを心掛けてもらう

【立ち居振る舞いについて】

  • 拘束時間が決まっているからといってダラダラ仕事をしないよう心掛けてもらう。
  • 入居者に会ったら、率先して挨拶をしてもらう。
  • 入居者から「電球が切れている」「ゴミの出し方を守らない人がいる」などの相談を受けたらすぐに報告してもらうようにする。

【清掃作業について】

  • 作業の範囲を具体的に決めておく。(高所部分の清掃はどうするのか、など)
  • 作業の内容や程度を具体的に決めておく。(ガンコな汚れがあった場合の対処法、など)
  • 優先してほしい作業項目を決めておく。
  • 水や洗剤を使用する際の注意事項を伝えておく。(入居者が転んでケガなどを負わないようにする)

【清掃道具や洗剤について】

  • 清掃に必要な道具をそろえておく。
  • 必要な洗剤をそろえておく。洗剤の使い方を誤ると素材を痛める場合もあるので、使用上の注意もしっかり伝えておく。
  • 洗剤がなくなったとき、道具が損耗したとき、どのように連絡してもらうかを決めておく。
  • 清掃道具や洗剤の保管場所、保管の仕方について説明しておく。

【作業報告について】

  • 作業実施の有無がわかるチェックリストに記入してもらう。(作業漏れを防ぐ)
  • 粗大ゴミ、破損等の異常があればすぐに報告してもらう。(できれば写真も送信してもらう)
  • 異常があった場合の初期対応についても決めておく。(直せるものは直してもらう)
  • 入居者から受けた相談を報告してもらう。

【欠勤や急な体調不良などについて】

  • 欠勤の場合はいつまでに連絡してもらうかを決めておく。
  • 欠勤の場合、振替え出勤をしてもらうのかどうかを決めておく。
  • 連続休暇を取る場合のルールを決めておく。
  • 急な体調不良が起こった場合、どうするかを決めておく。

【出勤途中の事故、勤務中の事故について】

  • 出勤途中で事故に遭った場合の対処法を話し合っておく。
  • 勤務中にケガをした場合の対処法を決めておく。
  • 清掃中に設備を破損させてしまった場合の対処法を決めておく。
  • 清掃が原因(洗剤等)で入居者の方がケガをしてしまった場合の対処法を決めておく。
▲このページのトップに戻る