『アパート・マンション清掃料金の相場と業者比較』

清掃会社を選ぶ際、一番の決め手となるのは何でしょうか?

料金、清掃の質、サービス、色々あるかと思います。

 

ここではアパート・マンションの共用部清掃を行っている事業者間でどのような違いがあるのか、いくつかのポイントについて比べてみようと思います。なお、比較する内容ですが、共用部清掃の「巡回清掃」(週に1回や月に2回程度の定期的な日常清掃)に限らせていただきます。

 

主な清掃業者

@ビルメンテナンス業者・建物管理会社

Aシルバー人材センター

Bアパート・マンション清掃専門業者

(例.弊社たてものサービス)

主な取扱いサービス

ビル・マンションの総合管理(設備管理・メンテナンス・清掃等)

庭の手入れ、家事援助、管理業務、屋内外軽作業

アパート・マンション巡回清掃・定期清掃・特別清掃、受水槽清掃、消防設備点検、他

清掃スタッフ

下請け業者および自社スタッフ

登録スタッフ

自社スタッフ

清掃の質

主に下請け業者が作業するため、レベル・技術にバラツキがある

個人の意欲・力量による

教育・研修を受けた自社スタッフのため安定的な仕上がり

ノウハウ

ビルや分譲マンションの管理がメインのため、賃貸物件の清掃ノウハウは会社によりまちまちである

登録スタッフは共用部清掃の研修・教育は受けていない。仕上がりやサービスの質は個人により差がある

共用部清掃がメイン事業のため、取り扱い件数・実績・ノウハウの蓄積がある

価格

価格表なし

下請け業者に発注する際のマージンが価格に転嫁している

地域・団体により時間あたり金額は異なる

目安価格表あり

巡回物件を多数有しているため、1件あたりの巡回清掃コストが低い

強みと弱み

全国に支社がある業者であれば、幅広い地域をフォローできる。設備管理を含め取り扱いサービスは多いが賃貸物件のノウハウは業者による

強みは料金の安さ。シルバースタッフのため依頼できる業務に制限がある。清掃の質は個人による

専門業者のため、顧客のニーズ、課題を解決できるノウハウ・技術・経験の蓄積がある。シルバー人材センターに比べると料金は高い

料金例@

【月4回の作業の場合】

3階建て、10世帯のワンルームアパートを月4回清掃した場合

月額2万〜3万5千円

<内訳>

・下請け業者

13,000円〜25,000円

・自社(元請け)

7,000円〜10,000円

月額8,000円前後

<内訳>

1回2時間作業で約2,000円

2,000円×月4回=約8,000円

※地域・団体により時間あたり金額は異なる

月額14,000円前後

料金例A

【月2回の作業の場合】

3階建て、10世帯のワンルームアパートを月2回清掃した場合

月額1万2千円〜2万5千円

<内訳>

・下請け業者

7,000円〜15,000円

・自社(元請け)

5,000円〜10,000円

発注条件のひとつとして、最低週1回以上の発注を求められることが多い。

※発注条件は地域・団体により異なる。

月額8,000円前後

料金例B

【月1回の作業の場合】

3階建て、10世帯のワンルームアパートを月1回清掃した場合

月額1万〜2万円

<内訳>

・下請け業者

5,000円〜10,000円

・自社(元請け)

5,000円〜10,000円

 

発注条件のひとつとして、最低週1回以上の発注を求められることが多い。

※発注条件は地域・団体により異なる。

月額5,000円前後

 

シルバー人材センターのメリットはなによりも「安さ」です。ですが、毎回の請負作業時間、月内の請負清掃回数などについては各地域のシルバー人材センターごとに制限があります。

 

ビルメンテナンス業者や管理会社は設備管理、メンテナンス、清掃等、建物管理にまつわる様々な業務を扱っていますが、それぞれの業務を外注する傾向にあります。そのため料金には外注マージンが含まれ、割高になります。

 


 

●依頼の前に確認しておくべきこと

品質の不透明さと料金の不透明さについては清掃業界が抱える課題のひとつといえますが、それらの不明瞭な点をクリアにし良い事業者を選定するには、以下の点を確認しておくことをおすすめいたします。

  • アパート・マンションの共用部清掃を専門としている業者なのか。専門知識はどの程度あるのか。顧客数はどの程度あるのか。
  • どのような方法で清掃をするのか。仕上がりやサービスに基準のようなものがあるか。
  • どのようなスタッフが清掃をするのか。下請け業者や協力会社に「丸投げ」することはないか。現場スタッフには研修や教育を受けさせているか。
  • 要望やクレームに対する姿勢・受け止め方はどうか。サービス改善に積極的か。定期的に満足度調査やアンケート調査などを行っているか。
  • もしサービスに満足がいかない場合、即座にスムーズに契約の解除をできるのか。

 

 


 

●失敗しないアパート・マンション清掃業者選びのコツ@
  “専門業者を選ぶ”

例えば、「おいしいそばが食べたい」というときは、和食レストランよりは専門のそば屋さんを選ぶことと思います。寿司なら寿司専門店、カレーならカレー専門店で食べるのが、やはりおいしいです。専門店はその料理について顧客の嗜好を熟知し、どのような味付け・サービスで料理を提供すればお客様が喜ぶのかを知っています。

 

清掃もやはり同じです。

清掃にも分野は様々あります。アパート清掃、マンション清掃、オフィス清掃、ハウスクリーニング、床の洗浄やワックスがけ、新築引き渡し清掃、店舗清掃、クリニック清掃、等々…。それぞれノウハウが異なります。

共用部の巡回清掃業者・定期清掃業者を探すのであれば、それを専門とする業者に依頼することをおすすめします。ハウスクリーニングであれば、ハウスクリーニングについての実績・業歴がある会社を選ぶことが、業者選びのコツです。

 

「清掃であれば何でもお任せください」という業者は、なんとなく頼もしい感じがします。ですが、実際にはどの業者にも得意分野・不得意分野があります。任せてみたものの、「全然キレイにならなかった」「自分でやったほうがむしろキレイになった」といった残念な例は、枚挙に暇がありません。

 

業者選定の際は、その会社が「どの分野を専門とし、得意としているのか」を確認しましょう。長年ひとつの分野だけでやってきた、という業者であれば、その分野ではそれなりの実力がある会社、というひとつの判断を下すことができます。

 

 

●失敗しないアパート・マンション清掃業者選びのコツA
  “会社名で選ばない”

物を買うとき、「有名な会社だから」「テレビCMで見たから」という理由で商品を選ぶことがあります。皆が使っているから…。大きな会社だから何かあっても安心…。確かにそのようなメリットはあります。

ですが規模が大きいからといって、必ずしもそのスケールメリットが生かされているとはかぎりません。

 

例えば食器洗い洗剤であれば、大量生産すればするほど、1個あたりの価格は安くなります。規模の大きな会社のスケールメリットが出ます。

しかしこれが洗剤ではなく、仮にアパート・マンション清掃となった場合、大きな会社のメリットがデメリットに代わってしまう場合があります。例えば、

  • 実際の作業は自社で行わず下請けや協力業者に外注する。そのため料金が高くなる。
  • 要望や希望を伝えても、その情報が「現場」(下請け業者や協力業者)にしっかり伝わらない。
  • 下請け業者や協力業者に安く外注しているため、実際の清掃作業が雑に行われてしまう。

 

有名な会社、規模の大きな会社を業者選びの選定基準とするならば、メリットだけではなくデメリットも客観的に評価しましょう。

 

 

●失敗しないアパート・マンション清掃業者選びのコツB
  “金額で選ばない”

どのような業界でもそうかと思いますが、「安かろう悪かろう」の業者が清掃業界にも少なからず存在しています。

清掃は目に見えないサービスですので、利用してみるまでその業者のサービスが良いのか悪いのかわかりません。

「安さ」を売りにしている業者に清掃を依頼する場合は、万が一に備え、解約の手続きについても事前に確認しておくことをおすすめします。

(そもそも腕のいい業者はそれなりにお客様を抱え忙しくしていますので無理をして「安く」しません。)

 

 

●失敗しないアパート・マンション清掃業者選びのコツC
  “近隣の業者を選ぶ”

清掃業者は何に基づいて清掃料金を決めているのでしょうか。清掃の内容、技術的な難易度、等々いくつかの要素があります。

ですが、主な要素は2つです。ひとつは「どの程度の作業時間がかかるのか」。もうひとつは、「作業現場までの移動時間はどのくらいかかるのか」。

 

清掃業者を選ぶ際は、その業者が自社から近くにあるかどうかについてもチェックしましょう。

近ければ近いほど、清掃業者にとっては移動コストが抑えられます。それゆえ提示される清掃料金も抑えられた(通常よりも安い)金額となるはずです。

 

また、業者の心理のひとつとして「地元のお客様を大切にしなければならない」というのがあります。

地元でヘンな仕事をし、悪いウワサを流されては、営業が立ちいかなくなります。

地元でいい仕事をし、評判となり、口コミや紹介で自然とお客様が増えていくのが、業者にとっては一番効率のいい営業展開方法です。

 

清掃業者の中には出張エリア範囲を広範囲にしている業者が少なくありません。ですが、地元でいい仕事をし、地域に支持されている業者であれば、実際のところそれほど出張範囲を広げなくとも十分にやっていけるのです。

 

 

●失敗しないアパート・マンション清掃業者選びのコツD
  “「比較サイト」のみで決めない”

引っ越し会社を選ぶときに「引っ越し侍」のような比較サイトが便利なように、清掃業者を選ぶのにも比較サイトは有効な手段のひとつです。

ですが比較サイトに登録している清掃業者を見みると、登録されているのは清掃業界の中でもほんのわずかの、ひとにぎりの業者にすぎません。逆に言えば、ほとんどの清掃業者(99パーセント以上)は、比較サイトに登録していません。

 

これはどうしてなのでしょう。

 

一番の理由は、比較サイトに登録し、そこから仕事を受注する場合、比較サイトの運営者に紹介料を支払わなければならないためです。サイトの運営者に紹介料を支払うということは、お客様に提示する見積り金額にその紹介料分を加えなければなりません。つまりお客様には、通常で(直接に)請け負う場合よりも高く見積り金額を提示することになります。

 

比較サイトが掲げる宣伝文句としては、「相見積もりを取ることで一番安い業者を選ぶことができます」となりますが、これは3つの意味で正確ではありません。

@比較サイトに登録している清掃業者は、清掃業界の中でもごく一部(1パーセント未満)である。それゆえ登録業者の中から一番安い業者を選んだとしても、本当の意味で一番安い業者を選んだことにはならない。

 

A比較サイトに登録している清掃業者は、実際の清掃料金の他に比較サイト運営者への紹介料やマージンを加えた見積金額を提示してくる。それゆえ比較サイトに登録している業者の清掃料金は業界の相場よりも高くなりがちである。

 

B比較サイトに登録している業者は現場(現地)を確認せずに、文字情報のみを頼りに見積り金額を提示する。しかし、依頼者から発信された文字情報が実際の現場の状況を正確に伝えているとは限らない。文字情報を鵜呑みにして清掃料金を提示することは清掃業者にとってもリスクになるので、清掃業者は安全策として見積もり金額を想定よりも高めに設定する。

▲このページのトップに戻る