年間を通じての美観維持

掃き掃除や拭き掃除。夏には雑草取り。冬には落ち葉掃き…。

アパート、マンションの美観維持のためには、年間を通じてやらなければならないことがたくさんあります。

では1年を通じてバランスよく手を加えるには、どのようなペースで清掃、管理をしていけばよいのでしょうか?

まずは季節ごとにどのような悩みごとが発生するのかをみていきます。

 

 

◇春

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〜強風と砂ぼこり〜

桜.jpg 砂ぼこり.jpg

春の訪れとともに、風の強い日が続きます。

建物の通路や手すりに砂ぼこりや黄砂が溜まり、「掃き拭き」の清掃にいつも以上に時間を費やします。

 

〜ゴミ置き場と放置物〜

粗大ごみ.jpg 081017_1014~01.jpg

引っ越しのシーズンになると、退去にともない不用品を放置していく退去者が目立ちます。

可燃・不燃・資源ゴミがひとつの袋に入って捨てられていることもよくありますが、困るのは粗大ゴミです。

粗大ゴミは市区町村に有料での戸別収集を依頼するのが基本ルールなのですが、それを知ってか知らずか、ゴミ置き場に放置していってしまう人が出てきます。

 

また入居にともなってゴミ置き場が荒れることもあります。引っ越してきた方は、その地域のゴミ出しルールを理解できてないことが多く、そのため分別の方法を誤ったりしますが、たいていは次第に落ち着いていきます。

 

〜雑草〜

雑草 春.jpg 雑草春2.jpg

3月、4月になると、建物のまわりやアスファルトの隙間、植栽などから雑草が芽を出します。この時早めの対処をしておくと後になって困らないのですが、うっかりするとあっという間に草が背を伸ばし、あたりが生い茂ってしまいます。

 

 

◇夏

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〜梅雨と通路の汚れ〜

梅雨.jpg 梅雨2.jpg

梅雨になり雨の日が多くなると、通路の汚れが気になり出します。

建物内外に吹き込んだ砂ぼこりは雨によって通路に広がり、床表面のくぼみに固着していきます。また、床に落ちた紙くずやポストからこぼれたチラシ類も水に溶け、床に密着していきます。

なおこの時期は、雨の天候が続くことで十分な掃き掃除が行えないことなどからも、建物や外まわりがいつもより汚れて見えてしまいます。

 

〜雑草の成長〜

雑草6月.jpg 雑草夏.jpg

梅雨を迎え、さらに暑さもピークになってくると雑草の成長は勢いを増します。ですが、この時期に草を抜いたり刈ったりしようとすると、暑さによる相当な疲労と消耗を覚悟しなければなりません。

 

〜植木の成長〜

剪定前.jpg 剪定.jpg

雑草ばかりではなく、この時期は植栽の木々も一段と成長します。

 

〜ゴミ置き場とニオイ〜

ゴミ置き場夏.jpg ゴミ置き場.jpg

ゴミ置き場に置かれた生ゴミが異臭を発することがあります。

清掃車が収集に来る当日の朝にゴミ出しをするルールが徹底されていればいいのですが、そうではなく、さらに管理・清掃する人がいないとなると、ニオイのあるゴミ置き場はさらに荒れていきます。

 

 

◇秋・冬

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〜落ち葉と枯れ葉〜

落ち葉秋.jpg 落ち葉2.jpg

秋と冬において一番手を焼くのが落ち葉や枯れ葉の清掃です。

敷地内の植物が枯れ、それが敷地内にとどまっていればまだいいのですが、近隣に向かって葉が落ちたり散らばったりするとトラブルの火種になりかねません。

場所にもよりますが、周囲を緑で囲まれているようですと、清掃時間の大半を落ち葉拾いに費やしてしまうこともあります。

 

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

 

 

このように季節ごとに見ますと、清掃・管理に何かと手がかかるのが春から秋にかけてで、冬は比較的作業負担が軽減されることがわかります。

 

これを踏まえ、アパート・マンションの清掃・管理においては、春から秋を現状維持の季節ととらえ、比較的に手がかからなくなる冬の季節に建物の床面を中心とした大掃除を行い、美観の回復を目指すのもよろしいかと思います。

 

大まかにいいますと、春・夏は雑草やゴミ置き場中心とした建物まわりの清掃に時間を割き、逆に冬場は床を中心とした建物内の清掃に時間を割く。そうすることで、年間を通じて全体をバランスよく管理していくのです。

 

建物の清掃・管理を業者に依頼する場合でも、春夏秋冬、毎月同じ作業を繰り返してもらうのではなく、季節ごとに作業内容に変化をつけてもらうのがよろしいかと思います。

 

建物内はいつもキレイだけどそのまわりは雑草がぼうぼう、というのではなんだか物足りません。逆に、雑草もなく、ゴミ置き場もキレイだけど、通路のシミやガムがそのままだったり、いつみても壁面がホコリっぽいままだったりするのではこれも不十分です。

 

毎月毎月、建物の内側も外側も全部キレイに維持しようとすると結構な労力になります。ですが、今月はここを(中心に)キレイにしよう、来月はあそこを(重点的に)掃除しよう、と計画的に作業を進めていくと、毎回の作業負担が確実に軽減されます。

 

建物の状態や立地・環境等、様々な要件により手のかけ方は違ってきますが、「季節がおよぼす影響」という視点を含みながら、アパート・マンションの清掃・管理を見直してみるのはいかがでしょうか。

▲このページのトップに戻る