【ゴミ置き場を保つには@】

ゴミ置き場の維持で頭を悩ませている方は少なくないことでしょう。

具体的な悩みを挙げると次のようなものかと思います。

 

・ゴミ袋の中身が分別されていない。

・夏場になるとニオイが出る。

・粗大ゴミを置かれてしまう。

・いつもゴミ置き場内が散らかっている。

・ネコやカラスにゴミ置き場内を荒らされている。

 

第一に必要なのは、やはりルールの徹底といえます。

再三注意を促しているが改善されない、ということもよく見受けられますが、徹底すべきルールを整理しますと、大きくは2つです。

 

@収集車が来る「当日の朝」にゴミ出しをする。

A家庭内でしっかり分別する。

 

この2つのルールが守られているアパート・マンションでは、先に挙げたような「ニオイ」や「荒れる」といった問題はほとんど発生しません。

 

 

ルール@:朝出し

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「収集当日の朝にゴミを出す」という極めて簡単な行動を各自がとることで、ニオイが置き場内を満たす時間を短縮できますし、動物にいたずらの機会を与える時間も短くできます。

 

分別がきちんとなされていれば、収集車もきちんとゴミを収集してくれます。

生ゴミと空き缶が同じ袋に入っていれば、警告シールを貼られ、収集されることなくゴミ置き場にそのまま残されます。これがニオイの元になり、ネコやカラスの餌食になります。

 

収集車が来る当日の朝にゴミ出しをする、というルールは、各自が守ろうと思えば簡単に実現できるルールです。

 

「その日の朝」に限定しますと「不便だ」とか「朝起きるのが遅い」「夜勤なので朝は家にいない」という声があがったりもしますが、各自の理由はともかく、「原則朝出し」でルール付けしておきたいものです。

 

「収集日当日の朝か前日の夜」としますと、前日の夜としているのに、前日の昼に出す人が現れ、なし崩し的に「いつ出してもいい」という空気になっていく傾向があります。

 

「当日の朝」に限定することでルールをシンプルにし、居住者間で緊張感が生まれるようにします。

 

また、朝出しルールを守るという一定の緊張感が「分別のルール」を守ってもらうための意識づけにもつながります。

 

暗い夜間のうちのゴミ出しは他人の目が気になりませんから、ゴミ袋の中の分別もいい加減になりがちです。

朝限定であれば、ゴミ置き場に人が来る機会が集中しますから、他人の目を意識し、袋内の分別に注意を注ごうとします。

 

 

ルールA:分別

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

燃やせるゴミもカン・ペットボトルも関係なくひとつのゴミ袋にすべてを詰め込む人がいますが、このような人は論外として、細かい分別ルールがわかっていないためにゴミ袋内をいっしょくたにしてしまう人も少なくありません。

それは粗大ゴミも同じで、何センチ以内のゴミが燃やさないゴミで、何センチ以上のゴミが粗大ゴミなのか、ほとんどの人は知らないかもしれません。

 

粗大ゴミだと認識しながらもゴミ置き場に置いていく確信犯もいますが、たとえば「この扇風機はさほど大きくないから通常の収集でも持っていってもらえるだろう」と自分本位の自己診断で粗大ゴミを放置してしまう人も少なからず存在します。

 

分別のルールや粗大ゴミの定義となるサイズは市区町村によりそれぞれ異なりますので、「このアパート・マンションの場合は、このようなゴミ出しルールになります」と、浸透するまで再三伝えていく必要があります。

 

あまりにも分別ルールが守られないと、清掃局から指導が入り、それでも改善されない場合は、収集車の巡回ルートから外され、収集してもらえなくなることもありますので、そうなった場合の不都合を居住者の方に理解してもらうことも有効です。

 

これらの基本ルールの浸透のためには、掲示板や回覧・戸別ポスティング等を通じて居住者の方の意識改善に働きかけていくことになりますが、もうひとつ管理側がやっておくべきこととして、「ゴミ置き場のメンテナンス」があります。

 

これについては「ゴミ置き場を保つにはA」をご覧ください。

 

>>>ゴミ置き場を保つにはA 

▲このページのトップに戻る